社有車の契約│フリート契約とノンフリート契約の違いを紹介

社有車の契約│フリート契約とノンフリート契約の違いを紹介

社有車を購入する際、やはり大切なのが保険です。社有車だからといって事故に巻き込まれないという保証などどこにもありません。むしろ事故が起きてしまった際、自分自身の問題ではなく、会社の業務やお客様に迷惑をかけてしまう事になりかねませんし、更に言えば社有車は会社の資産でもありますので、会社の試算に傷をつける事にもなってしまいます。そのため、社有車でも自動車保険に加入しておいた方が良いのは言うまでもないのですが、社有車の保険を見ると「フリート契約」と「ノンフリート契約」があるのが分かります。同じような言葉なので、どちらもそこまで差がないだろうと思うかもしれませんが、社有車の自動車保険をと考えた時、この両者の違いというのはしっかりと理解しておかなければならないでしょう。

 

・フリート契約とノンフリート契約の違い

フリート契約とノンフリート契約の違いを簡単に言えば「自分か車か」という違いになります。フリート契約とは、自分自身の保険になりますので、どの車を運転していても保険の対象になります。一方、ノンフリート契約とは自分ではなく、車両に対しての保険になりますので、例えばですが、会社の人間も保険の対象範囲になります。この違いを理解しておきましょう。
社有車4

・フリート契約の方が良い場合

こちらは個人での契約になりますので、例えばですが、どの自動車に乗っていても保証がおります。自分自身でいろいろな車に乗らなければならないような業種の場合には、フリート契約の方がお得になります。社有車が多々ある場合ですとか、自動車の販売店等に勤務している場合、いろいろな自動車を運転する機会があるのではないでしょうか。
このように、「いろいろな車を運転する」シチュエーションにある人はフリート契約を結んでおいた方が良いでしょう。
社有車5

・ノンフリート契約の方が良い場合

個人にかける保険がフリート契約なら、車両にかける保険がノンフリート契約です。一台の車を社員で乗り回すような会社であればこちらの方が良いでしょう。誰が乗るか分からない場合も案外多いはずです。不動産屋が所有している場合、従業員がお客を連れて運転する場合には、その都度誰が運転するのか分かりません。
ですがノンフリート契約を結んでいる車両であれば、誰が運転しても保険の対象になります。こちらの方が断然お得なケースも出てくるはずです。
社有車6

・両者の違いを理解する

このように、それぞれ異なる特徴を持っていますので、どちらが得なのかとなると一概には言えません。「どのような業態なのか」によるでしょう。例えばですが、先にも出たように不動産屋がフリート契約を結ぶ。悪い事ではありませんが、効率が良いとは言えません。
会社に多々社有車を保有しているにも関わらず、全ての車両にノンフリート契約を結ぶとなるとそれなりに費用が必要になるのは言うまでもありません。万全を期すのであればフリート契約、ノンフリート契約の双方を社員全員、そして所有している社有車すべてに加入させる事に他ならないのですが、予算は限られているはずです。また、双方ともに自動車保険会社によって微妙に異なるものです。フリート契約とノンフリート契約の違いはもちろんですが、保険によっても微妙に異なりますので、その点もチェックしておくべきです。

 

関連ページ

社有車の減価償却の計算方法と一括で経費に落とす方法
社有車を購入した際、気になるのがやはり減価償却なのではないでしょうか。経費計上出来るのは間違いないのですが、減価償却に関しては少々面倒です。
社有車で選ぶべき車種とその理由
会社にとって、社有車はとても大切な存在なはずです。車がなければ業務に支障をきたすようなお仕事とてあるのではないでしょうか。