社有車で選ぶべき車種とその理由

社有車で選ぶべき車種とその理由

会社にとって、社有車はとても大切な存在なはずです。車がなければ業務に支障をきたすようなお仕事とてあるのではないでしょうか。一方では社用車とてどうしても維持費というものも考慮しなければなりません。社用車だからといって税金がかからない訳ではありませんし、ガソリン代がかからない訳でもありません。それらを考え、職種別に社用車としてお勧めのモデルをピックアップしてみました。

 

・営業マンが多いなら「軽自動車」

社有車7
営業マンが多い会社で、さらには自動車で外回りしなければならないような会社の場合、社用車として優れているのは軽自動車です。軽自動車の場合、まず維持費がとても安いですし、燃費が良い物が多いです。プライベートシーンであれば軽自動車では狭いと感じるかもしれませんが、営業車の場合、運転手だけしか乗らないようなケースが大半なのではないでしょうか。後席はおろか助手席にさえあまり人を乗せないというのであれば、軽自動車で十分です。
そもそもそのような営業車であれば、高速道路に乗るようなケースさえ稀なのではないでしょうか。軽自動車は街乗りだけで言えば申し分ない性能です。普通乗用車よりも小さいので、小回りが利きますし、視界も広いので運転に慣れていない人でも扱いやすいのが特徴です。

 

・お客を乗せる機会があるなら…

社有車8
不動産ですとか、あるいは旅館といった送迎しなければならないようなお仕事もあります。そのようなお仕事の場合、さすがに軽自動車では心許ないでしょう。それぞれ見ていくと、不動産業者の場合はコンパクトカーでも良いでしょう。ファミリーであっても、物件の内覧に子供を連れてくるようなケースというのは少数派です。家族ではあってもせいぜい夫婦二人。軽自動車では少々狭いのですが、コンパクトカー程度であれば十分でしょう。
ましてや遠距離走る訳ではありません。コンパクトカーでも十分でしょう。一方、旅館等であれば、ミニバンかマイクロバスくらいは必要でしょう。軽自動車やコンパクトカーでは一度に送迎出来るのは数人程度です。さすがにこれでは効率が悪いです。ミニバンでも家族程度になりますので、旅館であれば一度に10人程度は乗車出来るマイクロバスが良いでしょう。社有車の減価償却の計算方法と一括で経費に落とす方法

 

・社長のために…

社有車9
仕事そのもので使うのではなく、社長等、重役の送迎のためにと考えているのであれば、やはりそれ相応の車の方が良いでしょう。ある程度はステータスにもなりますし、従業員のモチベーションをも左右します。
現在はテレビの世界で活躍している堀江貴文氏は、ライブドアの社長だった時代、社用車として一般的な車にしていたら、社員から「もっと立派な車に乗ってもらいたい」という声が出てきたとか。自動車離れが叫ばれている時代ですが、自動車がステータスの一部となっているのは間違いありません。自分自身は良いとしても、社員のためにという事で、ある程度高級車を選んでおいた方が良いでしょう。せめてレクサス辺りにしておくのが無難です。

 

車があれば仕事の幅が広がるだけではなく、意識高揚にも繋がるケースもあります。実用性も大切な部分ではありますが、見栄が必要なケースもあります。もちろん実用性を求める際には、どのような目的で、どのような運用が多いのかを考慮すべきであるのは言うまでもありませんが、「何が効率良いのか、無駄がなくなるのか」も考慮すると良いでしょう。

 

関連ページ

社有車の契約│フリート契約とノンフリート契約の違いを紹介
社有車を購入する際、やはり大切なのが保険です。社有車だからといって事故に巻き込まれないという保証などどこにもありません。
社有車の減価償却の計算方法と一括で経費に落とす方法
社有車を購入した際、気になるのがやはり減価償却なのではないでしょうか。経費計上出来るのは間違いないのですが、減価償却に関しては少々面倒です。